イベント

9/16〜 かずら筆の書家・下枝董村 展 開催

このたび、小倉城と大変所縁の深い書家・下枝董村の作品を展示する『かずら筆の書家・下枝董村 展』を開催いたします。

かずら筆の書家・下枝董村
 小倉藩主・小笠原忠忱公の御習字師範を務めた下枝董村(しもえだとうそん一八〇七~八五)は藩屈指の書家。小倉城庭園前の「筆塚」は彼の肉筆を集字拡大し刻されている。
 董村は号、別号に天地堂、澹月梅影書屋があり、毎朝三千字の猛稽古、線の強さは非凡。
 長州戦争の後、仲津郡木井馬場(現みやこ町)に移り、ワラやカズラを筆にして素朴さの中に味わいある書を認めた。神社の鳥居や幟などに数多くの名品を遺している。
開催時期2020年9月16日(水)〜10月21日(水)
開催場所小倉城天守閣 1階 企画展示コーナー
入場料無料
※小倉城天守閣への入場料が必要です

かずら筆の書家・下枝董村 展開催を記念し、現在、かずら筆の第一人者として活躍されている書家・棚田看山 氏揮毫による『かずら筆特別御城印』を、限定1,000枚販売させていただきます。

詳しくは《こちら》をご覧ください。

更新日:2020年9月4日

translate≫