イベント

2/23(日)「小笠原流 加冠の儀」参加者募集

小倉城庭園(小笠原会館)で、小笠原流の古式に則った「成人式」の参加者を募集します。
「加冠の儀」とは
加冠の儀とは、古来より行われていた成人式のことで、「烏帽子」という冠を与えるという意味で「加冠の儀」と呼ばれています。
本来、男子の成人を祝う儀式ですが、小倉城庭園では3月3日の雛の節句にあわせて、新成人の女性に体験していただきます。
弓の儀式「三々九手挟式(さんさんくてばさみしき)」とは
三々九手挟式とは、一辺の長さが9寸の板の裏側に3寸ごとに鋸目を入れて、的として串に挟んだもので、三々九の挟物と呼ばれたといわれています。
三々九手挟式は、武家において正月4日の弓始に限り行われた厳粛な弓の儀式で、前弓と後弓という二つのグループに分かれて、的当て合戦を行ったものです。
昔ながらの装束で厳粛に行われる日本古来の絵巻物さながらの弓の儀式で、元服の女子の前途を祝し、またご多幸を祈念して行われます。
日 時令和2年2月23日(日)
・12時~加冠の儀
・13時~三々九手挟式
会 場・加冠の儀…書院棟
・三々九手挟式…小倉城庭園前広場
募集定員10名(応募多数の場合は抽選)
募集対象

1.新成人の女性(平成11年4月2日~平成12年4月1日生まれ)
2.リハーサルに参加できる方(2月22日(土)午後から2時間程度)
3.市内在住もしくは市内に通勤通学している方

参加費8,000円(記念写真付き)
申込方法

往復はがきに必要事項を記載し、以下宛先まで郵送して下さい。

・郵便番号と住所
・氏 名(ふりがな)
・電話番号
・メールアドレス
・生年月日

宛先:
〒803-0813
北九州市小倉北区城内1-2
北九州市立小倉城庭園「加冠の儀」係まで

締め切り令和2年2月10日(月)
translate≫