イベント

3/24〜4/18 笑う門には福来たる「書作展」、3/28「柳家花緑特別独演会」

小倉城天守閣での書作展3月24日から4月18日までと、ムーブでの3月28日柳家花緑特別独演会、書と落語で笑顔満開のダブル企画でコラボです。

笑うの言葉や名言、金子みすゞの詩や小倉の女流俳人杉田久女の俳句などで笑み浮かび心和む書や、柳家花緑師匠の本「笑う門には福来たる」よりクスッと広角の上がる小咄の書の数々、日本語の書作展です。園児から大人の書作品をお楽しみ下さい。なんと柳家花緑師匠の書かれた作品もあります。

笑う門には福来たる書作展
会 期令和3年3月24日(水)〜4月18日(日)
会 場1階企画室 園児から中学生までの元気な笑うの書。硬筆と毛筆。
4階 大人の書(笑の臨書、世界の笑うの名言、俳句や小噺の漢字仮名交じり書)
開館時間9~17時(4月は18時)
※入城は30分前まで
入城料観賞無料(別途小倉城天守閣への入場料が必要)

師匠のパワーとキレは会場一帯を噺の世界へ引き込みます。落語会初めての方も通も楽しめる柳家花緑の話芸をこの機に是非お楽しみ下さい。

柳家花緑特別独演会
日 時令和3年3月28日(日)14時開演(13時開場)
会 場北九州市立ムーブ大ホール
チケット当日までチケットぴあで発売
[Pコード]503987
[電話番号]093-522-2682)

28日は、柳家花緑師匠の「落語」と、天守閣での笑う門には福来たる「書作展」両方をお楽しみ下さいませ。
御来場をお待ちしております。
詳しくは笑う門には福来たるのホームページをご覧下さい。
https://sinkisyodou.crayonsite.info

柳家花緑師匠プロフィール

1987年3月 中学卒業後、祖父・五代目柳家小さんに入門。前座名 九太郎。
1989年9月 二ツ目昇進。小緑と改名。
1994年 戦後最年少の22歳で真打昇進。柳家花緑と改名。

スピード感溢れる歯切れの良い語り口が人気で、古典落語はもとより、劇作家などによる新作落語にも意欲的に取り組んでいる。着物と座布団という古典落語の伝統を守りつつも、近年では新作落語や47都道府県落語を洋服と椅子という現代スタイルで口演する‘同時代落語’に取り組んでおり、落語の新しい未来を切り拓く旗手として注目の存在。テレビ、舞台などでも、ナビゲーターや俳優として幅広く活躍中。

更新日:2021年3月11日