北九州小倉 小倉城 築城 慶長七年

慶長七年(一六〇七)細川忠興公が築城した名城、小倉城。
当時は「唐造り」とよばれ、全国唯一の珍しいものでした。
現在の城は、昭和三四年に在りし日の名城を再建したものです。

DETAILS

小笠原氏の別邸であった下屋敷(御遊所)跡を復元した大名の庭園と典型的な江戸時代の武家の書院を再現し、それに茶室や展示棟を備えた文化施設です。

DETAILS

日本の「和」と北九州・小倉の「伝統」をテーマとした交流・体感空間

DETAILS